安全な屋根のトラスを建てて設置する

屋根トラスという用語は、あらかじめ組み立てられたトラス付き垂木として設置されている大きな切り立った屋根を指します。トラスは多くの構成がありますが、基本的にトップコード(垂木)、ボトムコード(天井のジョイスト)、斜めのブレースまたはウェビングから構成されます。これらはすべて2 x 4または2 x 6の材木でできています。

構造部材は、機械的に木材に圧入される歯付き鋼板コネクタと一緒に接合される。ジョイントに接着して釘付けされた合板のガセットプレートでも接続できます。屋根トラスは、通常、専門のエンジニアによって設計され、組立工場で卸売業者によって製造されます。ビルダーによって供給されるスパン、屋根のピッチおよび所望のオーバーハングから、予め設計された設計または特定の構造的および審美的要件を満たすように構築されたカスタムを使用してトラスを組み立てることができる。屋根のトラスは、従来の垂木と同じ荷重をかけ、同じ荷重をかけないように木材を使用しません;垂木の各ペアに取り付けられた斜めの支えは、より軽い構造部材を可能にします。屋根トラスを使用することの2つの欠点は、平らな天井を使用する必要があり、屋根裏部屋のスペースをほとんど使用できなくすることである。トラスが従来の屋根フレームよりも好ましい場合、構造部材は次の手順に示すように屋根トラスに組み立てることができます。

ステップ1-構造メンバーを集める

地上に一対の垂木を置く。建物の幅全体にまたがる長さの梁が必要です。ほとんどの用途に2 x 6のフレーミング材が適しています。これらは、トラスのトップコードとボトムコードとして機能します。下の和音を3分の1に分割し、それをボードにマーキングします。下のコードの各側の1/3ポイントから各垂木の中点まで斜めに測定します。 1/3ポイントからピーク接続まで測定します。下の和音と上の和音を結合する合計(4)2×4対角の中括弧を切ります。角は、各ジョイントで一直線になるように、ブレースの端をカットします。

ステップ2 – 接続を作成する

プレートコネクターを持っている場合は、各コネクターにプレートをハンマーで留めて、ジョイントの各メンバーの端をつかみます。合板のガセットプレートとの接続も可能です。 1/4インチの合板を使用して、各部材の少なくとも足を覆うように合板を切断して各接続に合うようにします。シーラントガンを塗布した接着剤を使用して、ガセットプレートを適所に接着します。 #6の釘を使って各プレートを構造部材に徹底的に釘付けます。トラスアセンブリの両側の各接続部にプレートを取り付けます。

ステップ3 – トラスを設置する

より軽い屋根のトラスを壁板に持ち上げて2人で設置することができますが、大きなトラスは通常、重い荷台を必要とします。トラスアセンブリは、単一の垂木と同じ壁の天板にトウネイで固定できます(合板プレートだけでなく、構造部材を通してください)。横方向の補強は、各上部のコードに沿って等間隔に配置され、各設置されたトラスを横切って広がっている。