二重のフランス語のドア:inswing対outswing

寝具、布地および窓の治療の必要性

クリアスパンスイングエリア – インスイングかアウトスイングマターですか?

ハリケーンとトルネード?

厄介なクリッターとバグ

米国の市場で見つかったほとんどの二重のフレンチドアは、アウトスイングよりもむしろ魅力的です。あなたが雑誌の写真を見ているなら、それらのほとんどが二重のフレンチドアをふんだんに使っています。ほとんどの人は、二股の外に出るドアとは対照的に、戸口に慣れています。二重のフランス語のドアを見つけるのは非常に難しく、二重のフランス語のドアと二重のフランス語のドアの両方に賛否両論を見つけることはさらに困難です。奇妙なことに、もしあなたがヨーロッパで育っていれば、ほとんどの二重のフレンチドアはフランス語のドアをはめ込むのではなく、フレンチドアのアウトスイングとして製造されます。アプリケーションごとに、各家庭、さらに各空間または部屋でも、特定のスペースに基づいて、また個人のニーズに基づいて異なるタイプのスイングドアが必要です。ドアがインスイングかアウトスイングかにかかわらず、両方のドアは同じ仕様に製造されなければなりません。

あなたのドアをドレスアップしてウィンドウトリートメントを追加しようとしている場合や、ファブリックとドレープリー素材を追加する場合は、アウトサイドバイブルのフレンチドアを購入する方が通常です。ドレープ材と窓のトッパーは、ドアの邪魔になりがちです。

inswingとoutswingのどちらかを選択するときに、あなたが取り組む必要がある最大の問題は、ドアのクリアスパンスイングエリアです。各ドアには、スペースを簡単にクリアできるパスが必要です。二つ折りのドアが入り込むと、彼らはそのエリアで余りにも多くの部屋を占有するのだろうか?彼らが揺れるなら、彼らはステップを誰かをノックするでしょうか?この問題のために、戸口やアウトスイングのドアに関わる賛否両論はありませんが、慎重な計画が必要な問題であり、あなたの空間に対処して知る必要がある問題です。

あなたの家への入り口の一部として二重のフレンチドアを使用していて、竜巻やハリケーンの脅威に包まれていることがある世界の一部にある場合は、安全上の理由からアウトサイドのフランス製二つ折りドアを購入する必要があります。このシナリオでは、ドアをふさぐことは、あなたのニーズに十分ではありません。

あなたが二重のフレンチドアを使用している場合には、それを外出目的で使用する場合や、家の入り口や屋内の部屋(サンルームなど)に使用する場合は、アウトサイドの折り畳み式ドアの使用を検討する必要があります。 inswingフランスの二つ折りのドアを使用すると、二つ折りのドアのガラスまたはスクリーンの上に余分なバグの収集が発生します。アウトスイングドアを使用すると、二重窓から掃除しなければならないバグ、ハエやクリッターの量を減らすことができます。