あなたのイヌのための最高の犬ハーネス材料

犬のハーネスの基礎に慣れる

犬のハーネス生地の一般的な選択

推奨犬用ハーネス材質:家庭用ファブリック

パッド入りハーネスの有用性

犬のケアのニッチの範囲内で、犬のハーネス材料は一般的に主張されている主題です。犬用ハーネスの材料と選択については、多くの相反する見解があります。以下の情報は、最良の犬用ハーネス材料を選択し、その有用性を理解するのに役立ちます。

犬用ハーネスには二重の機能があります。ハーネスは、リーシュと比較して、犬をより厄介なやり方で制御することを可能にする。犬のひもは、より拘束しているように見えるかもしれませんが、犬には残酷で、肌や首を傷つけることがあります。しかし、犬のハーネスは、犬の腹および下頚部の周りにぴったりとフィットすることができます。ハーネスは犬に厳しく引っ張られませんが、イヌを抑えるという点でも同様に効果的です。第二に、犬用ハーネスは犬用アクセサリーとしても機能します。これは、装飾された犬のハーネスがますます人気が高まっている理由です。

犬のハーネス材料の選択に関するいくつかの基本原則があります。材料は、犬の気候条件とサイズに基づいて選択する必要があります。犬の行動もこの選択に影響します。ナイロンのような合成材料は、しばしばハーネスを作るためにメッシュのような形式に編まれています。しかし、この犬がアレルギー性皮膚疾患を有する場合、これは最良の選択ではないかもしれない。合成物質は、犬の皮膚に対して激しく擦れ、アレルギー反応を悪化させることがあります。

もう一つのお気に入りは革です。これは審美的な選択であり、あらゆるサイズの犬に適しています。大きな犬の場合、革の犬のハーネスを使用することは、より軽いハーネスが重い犬のために無益であることが証明できるので、必要性が増しています。過度に攻撃的な犬は繰り返し拘束を必要とし、革製のハーネスを利用する必要があります。さらに、皮革は容易に研磨することができ、ハーネスが摩耗しないようにする。

現代の犬のケアのニッチには、イヌアパレルカテゴリの多くのオプションが含まれており、新しいファブリックの選択肢のいくつかはハーネスの準備に組み込まれています。したがって、デニムから準備されたハーネスを見つけることができます。

最も手頃な価格で入手しやすいハーネス素材は、家庭用ファブリックの形態で存在します。犬用ハーネスは、重いウール、周囲が多年草の場合は羊毛、暑い気候の場合は綿の生地で作れます。カーテンや古いリネンの未使用ライニングのようなシンプルな家庭用ファブリックは、いくつかの基本的な縫製で犬用ハーネスに製作できます。これらのファブリックはもともと人的に使用するために小売されているため、その全体的な安全性が保証されています。さらに、自宅で用意されたファブリックハーネスは、よりフィット感のあるカスタマイズが可能です。多くの住宅所有者は、自分の犬用ハーネスをベストの形で縫い付けます。これらのベストスタイリングドッグハーネスは非常にフィットしやすく、素早く洗浄するために簡単に取り外すことができます。

犬のハーネスを購入する場合でも、自宅で準備する場合でも、アンダーパディングの必要性を理解することをお勧めします。小売形態では、パッド付きハーネスは余分なレイヤーを含むため、少し高価です。しかし、これは、犬が相当な毛皮を持たず、その肌がハーネスからの摩擦によって傷ついてしまう傾向がある場合には不可欠です。自宅で犬のハーネスを準備するときは、ハーネス内に泡の薄い層を簡単に縫い付けることができるため、パディングを組み込むのは簡単です。