廃油炉の利点

経済

環境

耐久性

信頼性

低メンテナンス

より多くの人々が実行可能な加熱オプションとして廃油炉に向っている。それは、住宅とビジネスの両方のニーズに適した暖房方法です。炉内で使用される廃油は、通常、使用済みの自動車または植物油に由来する。定期的な廃油の入手が可能な場合は、最も安い暖房オプションの一つである廃油ヒーターを見つけることができます。以下は廃油ヒーターの5つの利点です。

廃油を使用した暖房は、通常の暖房油を使用するよりもはるかに低いエネルギーコストを保証します。新しい原油価格は廃油費用をはるかに上回っている。炉暖房用の新しいオイルを使用する場合、あなたは常に高い公益法案に直面することに拘束されます。廃油を使用すると、炉のエネルギー料金がほぼ100%削減されます。また、世界的な市場要因により、新石油価格は常に上昇しています。炉は最初に高価になるかもしれませんが、低コストの廃油は約2年で投資の回収を保証します。これにより、炉は長期的には費用効果の高い家庭用電気器具になる。

炉内でリサイクルされたオイルを使用することは、環境資源に対する要求を低減する。これにより、持続可能な資源利用が促進されます。また、水路や埋立地に廃油を処分する必要性も減ります。これは廃油が代わりに炉内の有用なエネルギー資源として再利用され、環境汚染がより少ないからである。炉が燃焼している間に、わずかな臭い、煙または他の排出物が生成される。最小限の汚染は廃油加熱器の環境上の利点を増す。高品質の廃油ヒーターを購入し定期的に清掃すると、システムの効率が大幅に向上します。これにより、環境への汚染を最小限に抑えてきれいに燃焼することが保証されます。

廃油ヒーターは、適切に管理されている場合、20〜25年まで使用できます。燃えている間の煙やその他の廃棄物の排出を最小限に抑えることで、より長い期間クリーンなシステムを維持するのに役立ちます。清浄な炉も高い効率で動作します。定期的なメンテナンススケジュールにより、廃油ヒーターが数年間良好な状態に保たれるようにすることができます。しかし、新しいオイルを使用する炉は、より高い摩耗率および裂傷率を有する。部品の交換も全体的なコストを増加させます。

新しい石油の供給は時折不満を覚えることではありません。市場の変動や世界的な要因により、時には新油へのアクセスが困難になります。廃油ヒーターを使用すると、これらの失望から逃げることができます。それは定期的な油の副産物であるので、それはすでに広い用途の油を考慮して常に供給されています。

廃油炉は汚染の発生が少なく、長期間にわたり清浄なシステムを維持するのに役立ちます。あなたは頻繁に炉を掃除する必要はなく、汚れによる詰まりによる機械の破損も心配しないでください。定期的な油を使用する炉は、より迅速に汚れるので、頻繁な清掃が必要です。放置すると、汚れが堆積して炉の効率が低下します。これは頻繁なメンテナンスを必要とし、コストがかかる。