私はリース期間中に車で取引できますか?

リース期間中に車で取引できることは、多くの借り手がさまざまな理由で利点を生かすオプションです。最も一般的な理由は、新しい車両を手に入れることのメリットです。リース会社はあなたの車両を新しいものと交換することを許可しますが、リース会社はそれを貿易とみなしません。リース会社にとっては、これは以前のリース契約の早期終了とみなされます。したがって、リース会社はあなたの貿易を喜んで受け入れ、早期解約手数料と契約書に記載されているその他の違約金および手数料を請求します。いくつかのケースでは、リース車両を維持することで、それを取引するよりも多くのお金を節約することができます;レンタカーの利点;早期解雇手数料とは別に、多くの人が買い物ではなく車をリースすることから利益を得ます。新しい車を頻繁に運転したい人にとっては、車両をリースする方が良い選択です。より新しい車を運転することは、ポケット修理費用の払い戻し量を劇的に減らし、燃料費を節約することができます。リースと買収のもう1つの利点は、リース車の月額支払いと同様に先行費用がしばしば少なくなることです。