4段階でポーチのスイングを組み立てる

ステップ1:Aフレームデザインの選択

ステップ2:木を切る

ステップ3:Aフレームスタンドの組み立て

ステップ4:ベンチの取り付け

ポーチや裏庭のガーデン・サンクチュアリがある場合は、自分のポーチ・スイングを構築して屋外の生活空間に追加してみませんか?以下の手順では、自分のポケットから最小限の現金で自分のA-フレームスタイルのポーチスイングを組み立て、古い材料を再使用する方法を示します。

ポーチスイングの最も魅力的なスタイルはAフレームです。このタイプのスイングは自立しています。つまり、好きなときにいつでもポーチから庭に移動できます。このスイングの唯一の問題は、それをフィットさせることです。

これは、実際にポーチのスイングを買うか、最初から作り直すのではなく、リパーザリングが行われる場所です。スイングを配置する場所を測定し、それを使って使用するベンチを選びます。

Aフレームを作成するには、それをどれだけ大きくするかを知る必要があります。

スイングが行われるポーチの高さを測定し、4×4インチの木片の4つを長さに合わせて切断します。これらの木片が基本フレームになります。

2×4インチの木片を半分にカットします。これらは脚の中心にフレームを支えます。足を組み立てたら、長さを調整してフィットさせる必要があります。

鋸でベンチから脚を取り外します。

4×4インチの木材からAフレームブラケットを取り付けることから始めます。あなたが終わったら、ポーチのスイングの足になる2つの “V”形があります。

2×4インチの木片をトリムして、Aフレームの脚の間にフィットさせ、それらを所定の位置にねじ込みます。これらは、Aフレームを安定に保つための追加サポートとして機能します。

Aフレームの側面を起立させ、V字型の間に木材の残っていない4×4インチの木片を取り付ける。ポーチのスイングはこの梁から垂れ下がります。

ベンチの長さを測定し、その測定値を使用してAフレームブラケットに付属するボルトの配置を決定します。ベンチと同じ長さのAフレームのクロスビームにボルトを取り付けます。

アイ・フックをベンチ・アームの上部に取り付け、それぞれを前方に、後方をそれぞれ1つずつ配置します。

完成したスイングが非常に重くなるため、Aフレームを必要な場所に移動します。 Aフレームを使用すると、ベンチを動かすことができます。

組み立てられたAフレームのボルトに両方のチェーンを取り付けます。あまりにも長すぎる方が短くて後でカットする方が良いので、チェーンが少し長ければ心配しないでください。

ベンチに取り付けたアイフックにチェーンを接続します。