ガレージのストレージユニットを構築する:10の便利なヒント

ヒント1:あなたが持っているものを評価する

ヒント2:カテゴリを分類する

ヒント3:組織化システムを選ぶ

ヒント4:安全です

ヒント4:アイテムを使用するユーザーの検討

ヒント5:ゴミ箱を覚えている

ヒント6:ヘビーデューティ用のスペースを確保する

ヒント7:上に移動

ヒント8:あなたのガレージを毎日使う

ガレージ貯蔵庫の建造に関しては、十分ではないようです。ガレージは、より良い場所がないように見えるアイテムの投棄地になりがちで、迷惑メールは、駐車するスペースを引き継ぐことになります。これらの有用なヒントは、ガレージの保管をより効率的に行うためのものです。

ガレージに何を保管する必要があるかを決めます。ガレージの車を優先的に駐車していますか?そうであれば、スペースは車内や車内に入るのに十分である必要があります。

ゾーンの点であなたのアイテムを考えてください。これは、ガレージの保管を行う場合には非常に重要です。たとえば、

ハードウェアストアの仕組みについて考えてみましょう。ガレージの一部が店舗に指定された場合、簡単にアクセスできるように、いくつかのツールをペグボードやハンガーに保管することができます。ローリングツールオーガナイザは、頻繁に使用する人に最適です。棚やキャビネットは地面から物を持ち上げ、透明なプラスチック製の箱は混乱を減らすことができます。

ロックされたキャビネットは、貴重な工具や有毒な庭や自動車用化学品の保管に不可欠です。ロックは子供を危険な電動工具から安全に保ち、危険な流出を防止します。

お子様のおもちゃや自転車が頻繁に使用されている場合は、ガレージの保管場所を念頭に置いて、これらの物品が正しく置かれていることを確認してください。子供用のアイテムは車の下や車から離れて保管することができます。ゴルフバッグやスキーなどのアダルト商品は、容易に手が届くが、途中では引っ掛けられる可能性があります。自転車は、プーリーシステムで動作する天井マウントから吊り下げることができます。

ごみ箱やリサイクルビンの保管スペースを整備して、エリアをきれいにしてください。背の高いワイヤー・シェルビング・ユニットは、その下にゴミ箱とリサイクル・ビンを置くことができます。この区域には、庭廃棄物バッグ、撚糸またはごみに関するその他の物品も収容することができる。

ほとんどのガレージは、狭いキャビネットや縦型ストレージシステムに対応するのに十分な深さです。この領域は、バケツやケアケア用品、スプレー、フィルターなどの自動車用品の収納に最適です。塗装用品もここに収まります。

開いた天井のガレージの場合は、屋根裏部屋のような追加の収納スペースを構築してください。折り畳み式の階段を備えたプルダウンドアは、コンパクトなスペースにアクセスするのに最適です。このタイプの保管は、休日の装飾やプラスチックビンに保管されている他のほとんど使用されていないアイテムなどの季節のものに最適です。

余裕があれば、ガレージは余分な冷蔵庫を置く場所と考えることもできます。濡れたコートのためのハングフックと泥の靴のための床にスポットを指定します。貴重なファイルや余分なファイルを格納するキャビネットを設置します。これらは、利便性と効率性のためにゾーン区域にも作用するはずです。