バグ・ザッパの火災の危険がありますか?

電気器具や工具は電気火災の原因となる可能性がありますが、火災の危険性はありますか?これらの人気の小さな鳥のフィーダーのようなユニットは、他の電気機器に比べて火災の危険性はあまりありません。ほとんどの正当なユニットは、洗濯機/乾燥機からランプ、ラジオの目覚まし時計までのほとんどの家庭に見られる電気製品のように、ULテストされています。ただし、ほとんどの屋外電気製品と同様に、電気コードが過度に濡れたりほつれたりしないように注意する必要があります。

彼らは通常、蛍光や紫外線を使ってバグを誘惑し、電流でそれらをザッピングします。電流は標準の120ボルトから2,000ボルトのバグ殺し機械に変換されます。この電圧は文字通りバグを爆発させ、ザッパの底に死んだ虫の死体が蓄積するのを防ぎます(火災の危険につながる可能性があります)が、通常は屋外で見られる他の可燃物に火を付けるだけでは不十分です。

しかし、バグ・ザッパは生産性が低いと懸念があります。それらの厄介な蚊を殺すのではなく、通常、野外で有用な無害なバグを殺すジャッパが巻き込まれます。第二に、蚊は人間より放出される二酸化炭素に比べてUV光にあまり誘引されません。

だからあなたがザッパーを手に入れたら、彼らは火災の危険にさらされているかどうかよりも心配する必要があります。