カーペットのパディングは再利用できますか?

汚れや臭いを取り除くことはできません

着用と涙を考慮する

新しいカーペットを設置するとき、ほとんどの人は、既存のカーペットパッディングを再利用できるかどうか疑問に思います。真実は、カーペットのパディングのタイプと状態に完全に依存しているということです。ほとんどの詰め物は、数年間の使用後に磨耗、汚れ、または臭いになります。しかし、あなたのカーペットパディングが比較的新しい場合は、それを再利用することができます。あなたがそれを投げるべきか、それを保存すべきかを決めるときは、以下のガイドラインを考慮してください。

カーペットの詰め物は非常に壊れやすく、容易に分解することができますので、きれいにすることはほとんど不可能です。パッディングに斑点、汚れ、または不自然な臭気があることがわかった場合は、それを投げてください。結局のところ、あなたが見る汚れや汚れは、繊維に深く埋め込まれる細菌の一部に過ぎません。 Lysolで汚れたパッドを噴霧しても細菌のすべてを殺すことはできず、その臭いは非常に迅速に戻るでしょう。

カーペットパッディングの目的は、カーペットの下に床を埋め込むことです。同じパディングが10年間あった場合、バウンスやパッドが材料に残っている可能性はほとんどありません。テープメジャーを使用し、パディングの太さを測定することができます。あなたはまた、薄い場所や他のものより薄い場所を探すべきです。経験則は、床に一貫して少なくとも4分の1インチの詰め物があることを確認することです。あなたの現在のパディングがこれを提供しない場合、それを置き換える時間です。