ファイナンスのための最良の住宅改善オプション

最高の住宅改善は、家の不動産価値を高めながら、流行の家をもたらし、居住スペースを増加させます。リフォームには、一般的にあなたの特定のニーズに合わせて家をカスタマイズすることを目的とした様々なプロジェクトが含まれています。住宅改善に着手する前に、何を改善したいのか、どのようにすべての資金を調達するのかのリストを作成することが最善です。

考慮すべき最も重要なものはいくつかあります。

ホーム改善金融オプション

確かに多くの住宅改善金融オプションがありますが、ローン条件についての詳細を知ることが最善です。

ホームエクイティローン

人気のあるオプションの1つは、元金のローンと一緒に住宅ローンを取ることです。これは、既に存在する資本または改善に伴う資本の増加に基づいて計算された資本に基づいています。金利が低く、控除可能な場合は、特にプロジェクト開始時に一時金が必要な場合には、エクイティローンを選択することをお勧めします。エクイティが限られている場合は、タイトル1の連邦融資を受けることができます。

建設または改善をずらすことを計画している場合は、ホーム・エクイティ・ライン・オブ・クレジット(HELOC)を設定することは良い選択です。必要に応じてお金を引き出すことができ、その時間が使われるまで利息は支払われません。 HELOCは主に変動金利を有している。

元の住宅ローンをリファイナンスする

もう一つの選択肢は元の住宅ローンを借り換えさせることです。不動産価値が上昇するのに十分長い間あなたの家を所有したら、より多くの金額を借りて、現金で差額を払い、改善のための資金を調達することができます。金利は低いが、前払いの費用がそこにある。大きな変更が予定されている場合には、第2のモーゲージも共通の選択肢ですが、デフォルトを回避するよう注意深く計画する必要があります。

401(k)/ 403(k)のような退職計画は、比較的簡単な選択肢ですが、5年以内に返済されなければ退職金の合計になります。死亡後の保険金額は少なくても、毎年支払う必要があるだけなので、保険契約をタップすることはより安全な賭けとみなされます。

他の個人ローン、州および都市の住宅改善ローン、地方銀行ローンも利用可能です。株式や株式、債券、普通預金などに対して発行されたもので、利率が高く、税額控除はできません。

あなたは、あなたの住宅改善プロジェクトの資金調達方法に関する最終決定を下すために、銀行または金融機関の貸し手とあなたの選択肢について話したいと思うでしょう。